明石 タカフミ(さとうきび畑)

明石 タカフミ(さとうきび畑)

編集 / ライター / 写真

1981年 神奈川県出身。二宮町在住。
法大博士課程単位取得退学。専門は地図表現、空間情報学、都市形成史。
在学中に環境活動家のポール・コールマン氏に出逢い、環境活動を行う。
その後は、研究と環境活動を軸に、
マップコンシェルジュ、地図製作、農民、山小屋勤務、主夫を経て現職。

島の原体験は、イタリア南部のシチリア島。
祭と神社と酒と温泉が大好き。Nikon F/F3を主に使用。
島歴:シチリア島・リパリ島・ストロンボリ島・ボルネオ島・スマトラ島・サモシール島・礼文島・利尻島・網地島・大島・直島・硫黄島・石垣島・西表島・波照間島・与那国島など

あえてアナログで。

あえてアナログで。

2015/05/09

 

21世紀になって早15年。2000年といえば、僕が高校3年生のときで全日本プロレスに夢中になっていた年頃だ。 その頃は、ポケットベルから卒業してPHSを経て携帯電話を使い始めたころ...more

島旅のある生活

島旅のある生活

2015/04/07

 

4月の新生活感に踊らされるように、思い立ってブログを書いてみることにする。 Shimatripのある生活がはじまって1年以上が過ぎた。 日常として仕事をしながら、数ヶ月に一度、編集...more

リシリレブン#007 「秘境とよばれるところ」

リシリレブン#007 「秘境とよばれるところ」

2015/02/10

 

礼文島でのトリップを終え、東京へ戻る途中、僕は高速バスで移動していた。その高速バスは稚内から札幌を目指すもので、稚内からオロロンラインを通って南下しているところだった。ちょうど、夕...more

リシリレブン#006 「礼文の森」

リシリレブン#006 「礼文の森」

2015/02/03

 

ただ歩きたくて、僕は礼文島の8時間コースを歩いてみることにした。礼文島には整備されたトレイルがいくつかあって、そのなかで最も長いトレイルが「8時間コース」と呼ばれるものがある。総延...more

リシリレブン#005 「穏やかな瞳」

リシリレブン#005 「穏やかな瞳」

2015/01/24

 

鷲泊からフェリーに乗って香深という港に着いた。礼文島の港町だ。礼文島は円形の利尻島とは対照的で、縦に細長い島で香深は島の南東の場所にある。僕らはレンタカーを借りて島の最北端にあるス...more

リシリレブン#004 「リシリグレー」

リシリレブン#004 「リシリグレー」

2015/01/17

 

リシリグレーとでも言うべきだろうか。その風景の彩度は消え、穏やかで滑らかなグレー色をしている。ハレの日を迎えた次の日の利尻の街並みはそんな色だった。街角に張られている自民党のポスタ...more

リシリレブン#003 「ハレ」

リシリレブン#003 「ハレ」

2015/01/10

 

実に記憶に鮮明に残っている。 利尻山から下山したその足で港へ向かうとちょうど御神輿が渡御しているところだった。御神輿の先導は華やかな着物を纏い天狗のようなお面をつけてゆったりとフェ...more

リシリレブン#002 「色と温度と信仰」

リシリレブン#002 「色と温度と信仰」

2015/01/05

 

  利尻島は島というよりもむしろ、海に浮かぶ山といった方が正しいかもしれない。山の裾野の僅かな平地に人々の営みがあり、島のどこにいてもその雄大な頂を眺めることが出来る。ふ...more

リシリレブン#001 「その感じ」

リシリレブン#001 「その感じ」

2014/12/27

 

ふと目を覚ますと眼下に湖が見えた。機体が離陸した時の記憶は薄く、離陸後の気圧の変化と共に眠りについてしまったようだ。その眼下に位置する湖がどこの湖なのか寝惚けていると、まもなく大き...more

[Photo] 与那国時代(与那国島)

[Photo] 与那国時代(与那国島)

2014/11/06

 

与那国島を訪れていると、いつの時代にいるのか分からなくなるような時がある。それは昭和臭いとかそういった時代のズレではなくて、もう少し前の教科書でしか聞いたことのないような時代のよう...more

Page1234