[Movie] 西表島

2014.09.05     Translation of author 日本語

手つかずの大自然が残されている秘境の島。マングローブの林があってジャングルがあってイリオモテヤマネコが生息してる。

そんなイメージを持っていて、きっと小さな島なのだろうと勝手に思っていたら、結構大きいことに驚かされた。

最近、新空港ができ東京など各都市からの直行便が就航して観光バブルになっていると言われるお隣の石垣島よりも大きく、沖縄では本島の次に大きいらしい。

島であちこち撮影して回りたいなら「車がないと無理だよ」といわれてようやくその必要性に気が付いた。

「西表島」という名前はよく聞くし、イリオモテヤマネコがいるとか、ジャングルがあるとかそういうことは知ってる(つもりになっている)けれど、いざ行こうと思うとレンタカーの手配が必要だということすらわかっていない。

人間の(というか僕の)知ってるつもりなんて本当にいいかげんなものだと思う。

島に昔からの友人が住んでいてくれて助かった。友人に紹介してもらい、いろんな人に会うことができ、いろんな人にお世話になって素晴らしい体験をさせていただいた。

誰もいない美しいビーチ、ジャングルの奥地にある神々しいマヤグスクの滝、生命力にあふれたマングローブの森、林の中を乱舞する無数のヤエヤマヒメボタル、見たことないほどでかいトカゲ、耳に残る鳥の声。イリオモテヤマネコを見ることはなかったが秘境の島は確かにあった。

数カ月たって振り返ってみると思いだされるのは、そこに流れていたゆったりとした時間と、そこで出会った「人」の顔だ。

秘境の島と称される大自然に恵まれた島を振り返って「人」を思い出すというのも不思議だが、西表島で出会えた人はなぜか印象が強い人が多くて、ことあるごとに思い出される。

————————————————————————————————————————————————————————————————————————-
Film by Daiichiro Takimoto
Special thanks : 西表cafe / 島廻遊(しまりあしび)
————————————————————————————————————————————————————————————————————————-
音量ボリュームを大きくして大きな画面でぼーっと眺めてもらうと、旅をしている気分になれる。この動画はそんなイメージで制作しています。
※閲覧環境に余裕があれば、最高画質に設定し、大きなボリューム&大きな画面でご覧ください。

 

 

 公式チャンネル横イチ_境界線

 

 

プロフィール
瀧本 大一郎

瀧本 大一郎

編集 / 写真 / 映像 / ライター

1972年 愛知県出身。法政大卒。株式会社tabit代表/webプロデューサー。Shima-trip発起人。
卒業後に就職した広告会社を3年弱で退職してフリーライターに。
30代前半に東京でのパッとしない日常に嫌気が差して、アジアをぐるぐる放浪したのちインドでしばしそとこもる。
帰国後しばらく愛知県で自動車工場の期間従業員などをして金を貯め再上京。
派遣社員(ライター)、web制作会社などを経て、現職はwebプロデューサー。
コンテンツの企画・制作、編集・ライティング、映像制作、写真撮影なども行う。
島歴:ペナン島、ランカウイ島、サムイ島、パンガン島、タオ島、サメット島、デッド島、薩摩硫黄島、石垣島、西表島、波照間島、与那国島、竹富島、ハワイ島、礼文島、利尻島、奄美大島、豊島、直島、犬島、青ヶ島、八丈島、宮戸島、網地島、出島、金華山など。