東北の聖地 金華山

2014.08.27     Translation of author

 

kinkazanCreative Commons Photo by houroumono

 

「宮城の牡鹿半島に東北の聖地のような島がある」
そんな話を聞いたのは自分が担当しているラジオ番組での会話からだった。
東北出身の僕はその話に耳を傾けていた。

金華山には黄金山神社があり東北でも恐山、出羽三山と並んで奥州三霊場に数えられている。
震災時には震源地に最も近い場所として被害を受け、20メートル以上の津波が押し寄せ、
津波と津波がぶつかり合いモーセのように海が割れたそうだ。

もちろん今は観光客も普通に行くことができるし、山の上にある黄金山神社にお参りする事も出来る。
山の上からは親潮と黒潮がぶつかり合う様子が見えるそうだ。
金華山には修験道という山の宗教があり、海の中だけれど山の宗教があるのだ。
凄く興味を引かれた。

昔から東北のキースポットであるこの場所にとても行ってみたいと思った。

 

 

 

プロフィール
星 精一

星 精一

編集 / ウェブ / ライター

1976年 福島県出身。株式会社tabit/webディレクター&webデザイナー。
専門学校を卒業後勤めた会社を20代前半で辞め、以後フリーランスとなる。
WEBを中心にVJや専門学校講師など様々な活動経て、2012年 株式会社tabitを立ち上げる。
主な仕事の一つとしてエフエムラジオ番組のウェブも担当している。
2009年よりラジオチームと共にウェブコンテンツ「DP lab」をスタートさせる。
三度の飯よりゲーム好き。
島歴:グアム島、ハワイ諸島、伊豆諸島、奄美大島、八重山諸島など

このブロガーの記事一覧
このブロガーの最新記事
  • 東北の聖地 金華山

    東北の聖地 金華山

    2014/08/27

この記事にコメント