iwo_data

硫黄島(イオウジマ)は、鹿児島港から南へ約100㎞、世界遺産として有名な屋久島からは北へ約35㎞ほどの海上に位置する火山島で、第二次世界大戦の戦場として有名な硫黄島(イオウトウ)とは別の島。黒島、竹島とあわせて三島村を形成しています。

約7300年前に九州南部に火砕流が直撃するほどの大噴火を起こし当時居住していた縄文人の生活に大打撃を与えたとされている鬼界カルデラの一部にあたる硫黄島はランクAの火山帯に指定されており、主峰の硫黄岳は常時白煙を噴きあげていて、間近で見るとすげーーー迫力です!

一説には太陽神である天照大神が隠れ世界が真っ暗になったという天岩戸神話が、約7300年前の鬼界カルデラ大噴火の火山灰の雲による大災害に起因するという考えもあるようで、たしかに天孫降臨の地の高千穂からは鹿児島湾や鬼界カルデラが目視できますし、言われてみれば一応その話の筋は通っているようにも思えます。そんな風に考えるとますます硫黄島がとてつもないパワーを秘めた稀有な島に思えてきます。

定期便フェリー「みしま」の発着所である硫黄島港の海は、海底からの噴出物により常時茶色く変色しており、硫黄岳周辺の海はいたるところで乳白色やエメラルドグリーンに変色し、独特の景観を創り出しています。

島内で溶岩質の山肌がむき出しになっていない部分のほとんどは、びっしりと大名竹(ダイミョウチク)で覆われており、遠くから見ると美しく滑らかなビロードのように見えます。この大名竹は島の特産物でもあり、硫黄島で生産される「大名たけのこ水煮」は高い評価を受けているそうです。

そのほかでは山菜、伊勢エビなど海の幸も豊富で、なぜか野生のクジャクがいたり、『平家物語』に語られる俊寛が流刑された地として平家の落人伝説にまつわる史跡が残っていたりと観光資源も豊富。1996年には中村勘九郎(のち中村勘三郎)によって、世界史上初めて、また2011年にも中村勘三郎によって再び、史実の地での歌舞伎公演「俊寛」が披露されたそうです。

さらに島内にはいくつか温泉もあり、なかでも人気なのは海岸の岩場にある東温泉。一部をコンクリートで固めただけの最低限の設備しかありませんが、海を眺めながら、そして夜になれば満天の星を眺めながらゆーっくりと入る秘境の露天風呂は最高! まさに至福のひと時を過ごすことができますよ。

【Editors have been to this Island.】


shimadata_anchor1
shimadata_anchor2

 

この島の平均評価(Average Rating)
  • データ
基本情報

硫黄島

アジア日本九州

所在地 鹿児島県鹿児島郡三島村
面積 11.65 km²
周囲 14.5 km
最高標高 硫黄岳703.7 m
人口 約100人(2013年)
アクセス方法 鹿児島本港からフェリーで約3時間30分。週3便。
島内交通
気候 この島に近い気候:屋久島
天気 硫黄島
関連リンク 三島村役場
フェリーみしま

 

マップ
  • クチコミ

みんなで島の情報を共有しましょう!

島に行って来た人の意見を参考にしたり、自分が島行ったときには感想を書き込むことができます。みんなで体験談などを共有して、島をもっと楽しみましょう。
Read what other people think about this island, share tips and your comments, and enjoy island trips!

1 Comments

  1. パワフル&カラフル!
    2014/08/19 at 14:33  by lunatictrip

    自然の中に見たことのない色がたくさんある独特でフォトジェニックな島でした。
    地球のパワフルでダイナミックな活動を体感する貴重な体験ができました。
    一度は行ってみてほしい島。
    温泉最高!

    5

この島のクチコミを書く
Please tell us about this island.


は必須/Required item



■クチコミのタイトル/title


■クチコミ/review


■ニックネーム/nickname


他の島データを検索