All
Book
Music
Movies
Goods

西表島自然誌 幻のオオヤマネコを求めて

2014.08.09

 

Translation of author 日本語

とある休日に友人であるTさんの家にお邪魔した。

お互い旅が好きなこともあって、これまで行った旅の話やこれから行きたい旅の話をしているとあっという間に一日は過ぎてしまう。近所にそんな友人が僕にはいる。

 

そのTさんに「次は八重山諸島へ行こうと思う。」と告げると、何か思い立ったように立ち上がりのしのしと奥の部屋に消えていった。取り残された僕は縁側越しの外の景色を眺めていると、Tさんはこの本を持って戻ってきて、「是非、読んでください。」と言った。Tさんは、八重山に行ったことはないというが、このような文献を所持して、さっと出てくるところが本当に素晴らしい。

 

90年代の古びた本で、次の旅に役に立つかなと疑問を持ったが「自然誌」というタイトルと表紙の水牛の写真に惹かれて、その本を持ち帰った。

 

その本は、著者である安間さんがイリオモテヤマネコの研究を進めるにあたって、西表島に滞在した際に体験したその記録が記されている。時代にして、米国に占領されていた1960年代までさかのぼる。その中に記されている西表島は、現在の西表島とはまた一皮古い西表島が記されている。研究者ならではの実直な表現で、野生に対する熱い想いが伝わってくる。

巻頭には著者の手書きによる島の地図が掲載されていて、島内を巡る河川と地名が記されている。
地形図には記載されていない、当時の島民がそう呼んでいたであろう地名や河川名が細かく記載されていて資料性も高い。

西表島のフィールドを知り尽くした著者が語る詳細な西表島の自然誌は、読み込む程に味わいがでてくる。
旅の予習と復習に最適な一冊です。

 

Tさん、ありがとう。

 

西表島自然誌/幻のオオヤマネコを求めて

 発行:1990年8月

著者:安間繁樹

発行者:株式会社晶文社

 

このセレクターの選んだアイテム

西表島自然誌 幻のオオヤマネコを求めて

2014.08.09

最新アイテム

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

2015/04/09

[DVD] 老人と海

2014/09/16

西表島自然誌 幻のオオヤマネコを求めて

2014/08/09

more
人気アイテム

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

2015/04/09

[DVD] 老人と海

2014/09/16

西表島自然誌 幻のオオヤマネコを求めて

2014/08/09

more