MIMIYAKO_main_S

宮古島(みやこじま)は、沖縄本島から南西に約290 km、沖縄本島と台湾のちょうど中間あたり、太平洋と東シナ海の間、東経125度、北緯24度に位置しています。

宮古諸島(宮古島、池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島、多良間島、水納島)の中心となる島で、人口は5,000人弱。池間島、伊良部島(伊良部島と下地島)、来間島とは橋で結ばれています。

おおむね平坦な島内はどこを歩いても広大なサトウキビ畑が広がり、美しい海岸線や白い砂浜、珊瑚礁の海中景観など豊かな自然に恵まれていて、マリンリゾートやゴルフが楽しめ、観光客に人気が高い南の島です。

宮古空港から車で約10分程度の平良港の南東部が中心部で、西里大通りと下里大通り付近に飲食店やお店が集中しています。

宮古空港から市街地までは2時間に1本程度路線バスもありますが、大きな島なので、島内の観光にはレンタカーか観光タクシーがおすすめです。

 

【宮古島の見どころ】

穴場的雰囲気が人気の「砂山ビーチ」、7Kmも白い砂浜が続く「与那覇前浜ビーチ」など、沖縄の島々の中でもトップクラスの美しいビーチがあるほか、島の北海域にある「八重干瀬(やびじ)」には「幻の大陸」とも呼ばれる国内最大級のサンゴ礁群がありダイビング・シュノーケリングポイントとして有名です。
島の一番東にある景勝地「東平安名岬」からは素晴らしい朝日が望めます。

東平安名岬 砂山ビーチ

また、拝所(うがんじゅ)でもある”御嶽(うたき)”が多くあり、民俗祭事が多いのもこの島の特長のひとつ。なかでも有名なのが晩秋に行われる悪霊払いの伝統行事である「パーントゥ」。つる草をまとい、全身にくさい泥を塗った3体の来訪神が集落内を走り回り、誰彼かまわず人や新築家屋に泥を塗りつけて回るもので、1993年に重要無形民俗文化財に指定されています。

 

【宮古島へのアクセス】

東京や沖縄本島から宮古島へのアクセスは飛行機のみ。
那覇空港から宮古島空港までは飛行機で約50分で、ANAとJAL(JTA/RAC)が合わせて1日約15便運航。
東京(羽田)からは約3時間で、1日2往復の東京直行便(JTA・ANA)が運航しており、大阪(関空)からは約2時間半で1日1往復の大阪直行便も運航中。
また、多良間島・石垣を結ぶ離島便、琉球エアーコミューター(RAC)も運航されています。

 

【宮古島の気候】

宮古島は 高温・多湿な亜熱帯海岸性気候に属していて、年間平均気温は摂氏23度。湿度は80%、降水量2200mm程度。
最も寒い時期である1~2月でも最低気温は10~15度で、ちょうど東京の4月と同じくらいの気温です。
梅雨は例年、5月中旬~6月下旬頃。梅雨が明けるといよいよ本格的な夏になり、9月頃まで30度以上の暑さが続きます。
10月・11月も最低気温が20度を下回ることはほとんどないようです。
7月頃から10月頃までが台風のシーズンなので、この時期、宮古島に旅行するなら気象状況に特に注意が必要です。

 

 

shimadata_anchor1 shimadata_anchor2

 

  • データ
基本情報

宮古島 (Miyakojima)

アジア日本沖縄

所在地 沖縄県宮古島市
面積 約159.05km²
周囲 159.05 km
最高標高 約115m
人口 48.442人(2013年現在)
アクセス方法 沖縄・那覇空港から航空機で宮古空港へ約50分。1日15便。 東京羽田からも直行便があり約3時間。1日2便。
島内交通 バス/タクシー
気候 この島の気候:宮古島
天気 宮古島市
関連リンク 宮古島市役所
宮古島観光協会

 

マップ
  • クチコミ

みんなで島の情報を共有しましょう!

島に行って来た人の意見を参考にしたり、自分が島行ったときには感想を書き込むことができます。みんなで体験談などを共有して、島をもっと楽しみましょう。
Read what other people think about this island, share tips and your comments, and enjoy island trips!

この島のクチコミを書く
Please tell us about this island.


は必須/Required item



■クチコミのタイトル/title


■クチコミ/review


■ニックネーム/nickname


他の島データを検索