[Movie] 硫黄岳 – 硫黄島

2015.01.16     Translation of author 日本語

鹿児島港から南へ約100㎞、世界遺産として有名な屋久島からは北へ約35㎞ほどの海上に位置する絶海の孤島、(薩摩)硫黄島。

約7300年前に九州南部に火砕流が直撃するほどの大噴火を起こしを起こしたと推測される鬼界カルデラ(大半は海底にある)の一部が海上に姿を現した島である。

その硫黄島の最高峰であり、いまなお活発に活動を続けていて常時白煙を噴きあげているのが硫黄岳だ。

satu140806_1032  Satuma-Ioto20121125a

2013年10月某日、特別な許可を得てこの硫黄岳に登り山頂の様子を撮影することができた。

山頂に近づくにつれて火山ガスが濃くなるため、ガスマスクを装着しながらの登山だったが、登れば登るほどに普段は見ることのできない、というかこれまでの人生では見たことのない景色になっていった。

絶景というような言葉では尽くせない、別次元の世界へと来てしまったような、恐怖を感じ同時に興奮を覚え、死をイメージしながら同時に生を実感するような、とても不思議な美しい世界があった。

————————————————————————————————————————————————————————————————————————-
【YouTube】 https://www.youtube.com/watch?v=CQST6Gyqa6o
Film by Daiichiro Takimoto
————————————————————————————————————————————————————————————————————————-
※BGM等を入れず、同録した自然の音を使用しています。

 

 

 公式チャンネル横イチ_境界線

 

 

プロフィール
瀧本 大一郎

瀧本 大一郎

編集 / 写真 / 映像 / ライター

1972年 愛知県出身。法政大卒。株式会社tabit代表/webプロデューサー。Shima-trip発起人。
卒業後に就職した広告会社を3年弱で退職してフリーライターに。
30代前半に東京でのパッとしない日常に嫌気が差して、アジアをぐるぐる放浪したのちインドでしばしそとこもる。
帰国後しばらく愛知県で自動車工場の期間従業員などをして金を貯め再上京。
派遣社員(ライター)、web制作会社などを経て、現職はwebプロデューサー。
コンテンツの企画・制作、編集・ライティング、映像制作、写真撮影なども行う。
島歴:ペナン島、ランカウイ島、サムイ島、パンガン島、タオ島、サメット島、デッド島、薩摩硫黄島、石垣島、西表島、波照間島、与那国島、竹富島、ハワイ島、礼文島、利尻島、奄美大島、豊島、直島、犬島、青ヶ島、八丈島、宮戸島、網地島、出島、金華山など。