名前は聞いたことあるし、なんとなく東京の南の方のいくつか島が並んでるとこら辺?というイメージはあるけど、実際にはどこにあるのかよくわからない。という人が多そうな八丈島ですが、結論から言えば、東京からとても近くて、その割にTRIP感が満点な、SHIMATRIP編集部的には、思っていた以上に魅力的な島でした。

正確な場所は、伊豆諸島の南部、伊豆七島(伊豆大島・利島・新島・神津島・三宅島・御蔵島・八丈島)の中では最南端、東京都心部から南に約280kmに位置しています。

北西部に八丈富士(854メートル)、南東部に三原山(701メートル)がそびえるひょうたん型をした島で、ヤシ、シダ類の亜熱帯植物やハイビスカス、フリージアなどの花が印象的な南国情緒豊かな島です。

年間の降雨量が多いことと関係があるのか、編集部が訪れたときには、雲の表情がダイナミックで、晴れていても曇っていても空がとてもきれいに見えました。

島の周囲は58.9km、島を一周する都道八丈循環線は43.2kmで、車で走るだけであればだいたい2時間程度だと思います。

実際にはレンタカーを借りて、神社にお参りしたり、海岸で休憩したり、廃墟を探索したり、展望所で写真を撮ったり、温泉に入ったりなどしながら、6時間程度で島を一周できました。

 

566A8962_S 566A8990_S 566A9010_S

 

歴史的には流刑の島として知られています。江戸幕府は2,000人もの人々をこの島に流罪にし、その結果、流罪となった人々によって作られた独特の習慣・生活様式が現在も島に残っているそうです。

第2次大戦後は観光産業が発達し、1960年代にはその温和な気候から日本のハワイとの異名をとり、首都圏からの新婚旅行先としても人気が高かったそうです。

しかし、海外旅行の制限が廃止され、本物のハワイが身近になった1970年代以降観光客数は減少傾向にあるようです。

そのためなのか、廃業した大規模なリゾートホテルなどが廃墟となって島に残されていて、それはそれで旅人としては楽しく見物できました。

ビーチは限られていますが、東京から45分!にもかかわらず、海はきれいで、シュノーケリングやダイビングが人気。フィッシングを楽しむ人も多いようです。

八丈富士や三原山は登山もでき、八丈富士は「お鉢めぐり」といって、外輪山からの景色を眺めながら火山口を周回するトレッキングも楽しめます。

また、「島寿司」「アシタバ料理」「トビウオのくさや」など、この島独特の料理も有名です。

 

566A9012_S 566A8971_S 566A8937_S

 

宿泊施設も温泉や飲食店などもそれなりに充実していながら、海がきれいで自然が豊か。そして、東京から45分!で行けて、エアチケットも羽田から往復2~3万程度の八丈島。

ダイビングやフィッシングなど、目的を持って訪れるのももちろんですが、気が向いたらふらっと行って、島の時間の流れに身をまかせ、温泉にでもつかってのんびりしてみる。そんな旅をするにもおススメの島と言えそうです。

【Editors have been to this Island.】

 

shimadata_anchor1shimadata_anchor2

 

  • データ
基本情報

八丈島

アジア日本関東

所在地 東京都八丈町
面積 69.48 km²
周囲 51.3 km
最高標高 八条富士854m
人口 約8200人(2014年現在)
アクセス方法 羽田空港から八丈島空港へ55分。
東京・竹下桟橋から客船で10時間。1日1便。
島内交通 レンタカー/レンタサイクル/レンタバイク/バス/タクシー
気候 八丈島
天気 八丈島
関連リンク 八条町公式サイト
八丈島観光協会
八丈島総合ポータルサイト
東海汽船

 

マップ
  • クチコミ

みんなで島の情報を共有しましょう!

島に行って来た人の意見を参考にしたり、自分が島行ったときには感想を書き込むことができます。みんなで体験談などを共有して、島をもっと楽しみましょう。
Read what other people think about this island, share tips and your comments, and enjoy island trips!

この島のクチコミを書く
Please tell us about this island.


は必須/Required item



■クチコミのタイトル/title


■クチコミ/review


■ニックネーム/nickname


他の島データを検索