大島(香川県高松市)

2014.11.11     Translation of author 日本語

庵治港(高松市)の北西約2.5km、高松港からは北東約8kmの海上にあり、土地の約9割が国有地になっている(名前は大島ですが・・・)小さな島。

もともと2つの島だったのが砂州でつながって一つになったこの島は、古くは源平合戦の戦場にもなったそうです。

島の西海岸一帯にはその戦いに敗れた平家方の墓に植えられた「墓標の松」が、800年の歳月を経て、美しい松林として残っています。

100年余り前、この島は特別な事情を持つ島になりました ――。

1909年にハンセン病の療養所が設立されたのです。(療養所は1946年に「国立療養所大島青松園」と改称されました。)

ハンセン病の感染力や発病力は非常に弱く、日常生活で感染する可能性はほとんどありません。また、治療法も確立されています。

でも、かつては誤った知識から不治の病とされ、長らく社会的偏見と差別の対象となっていました。

そして、国の誤った政策によりハンセン病患者は強制隔離されていて、そんな隔離場所の一つがこの島だったのです。

1996年にようやくその誤った「らい予防法」が廃止されて療養所に人が自由に行き来できるようになり、2008年には「ハンセン病問題基本法」が成立しました。

この島の「国立療養所大島青松園」は全国に13あるうち唯一の離島にある国立ハンセン病療養所。

現在では、ハンセン病入所者の日常生活の介助、日常生活の支援やハンセン病を正しく理解するための啓発活動が行われています。

また、療養所にいる人たちはすでに治療が終わっているので「患者」ではなく「入所者」と呼ばれているそうです。

そして今も多くの入所者がこの島に留まって生活しており、島には療養所の職員をはじめ、青松園の関係者、家族だけが暮らしています。

SHIMA TRIP編集部がそんな歴史を持つこの島を知るきっかけになったのが、「Art Setouchi」というプロジェクト。

この島は、3年ごとに開催する「瀬戸内国際芸術祭」の開催地の一つであり、アート作品の展示やカフェの営業が行われているのです。

 

n_やさしい美術プロジェクト{つながりの家}海のこだま 撮影:高橋公人 n_田島征三「青空水族館」

 

その他の開催地では来島者が自由に作品を見てまわりますが、大島ではガイドと一緒。瀬戸内国際芸術祭関連目的での来島者は大島港で、瀬戸内国際芸術祭を支えるこえび隊と合流し、ツアー形式で約1時間島内各所をまわります。(料金=300円)

考えさせられる歴史を持つこの島で、作品を見ながら、島と人の記憶をたどることには、何かとても大切な意味がある気がします。

ちなみに芸術祭開催時期以外もアート作品を見ることはできますが、開館日時は限られるのでご注意ください。(Art Setouchiの開館カレンダーはこちら>>

※大島への定期便は、国立療養所大島青松園が運航しています。施設見学等でご乗船の場合は、事前に国立療養所大島青松園(http://www.nhds.go.jp/~osima/index.html)に確認しておいた方がよさそうです。

【Editors have not been to this island yet.】


shimadata_anchor1
shimadata_anchor2

 

  • データ
基本情報

大島(香川県高松市)

アジア日本四国

所在地 香川県高松市
面積 約0.69km²
周囲 約4.2km
最高標高 約70m
人口 約90人(2013年)
アクセス方法 高松港から渡船で大島港へ約25分。1日4便。
※大島への入島は国立療養所大島青松園の許可が必要です。
島内交通 -
気候 この島に近い気候:高松
天気 高松市
関連リンク 高松市観光協会
国立療養所大島青松園
Art Setouchi
さぬき瀬戸しまネッ島

 

マップ
  • クチコミ

みんなで島の情報を共有しましょう!

島に行って来た人の意見を参考にしたり、自分が島行ったときには感想を書き込むことができます。みんなで体験談などを共有して、島をもっと楽しみましょう。
Read what other people think about this island, share tips and your comments, and enjoy island trips!

この島のクチコミを書く
Please tell us about this island.


は必須/Required item



■クチコミのタイトル/title


■クチコミ/review


■ニックネーム/nickname


他の島データを検索