All
Book
Music
Movies
Goods
amazonで購入する

[DVD] 老人と海

2014.09.16

 

Translation of author 日本語

ヘミングウェイの『老人と海』の舞台であるキューバのハバナ港と同じくらいの緯度にある日本最西端・与那国島を舞台にした映画です。

監督は『劫火-ヒロシマからの旅-』(1986年)で米国アカデミー賞記録映画部門にノミネートされ、エミー賞を受賞した『夢窓~庭との語らい』(1992年)や9.11のテロ後に言語学者ノーム・チョムスキーにインタビューした『チョムスキー9.11』(2002年)などの監督でもあるジャン・ユンカーマン。

サバニと呼ばれる小舟を操り、1人で巨大なカジキマグロを追う老漁師「糸数繁(いとかず・しげる)」さん(当時82歳)の日常を通して、その生き様を見つめたドキュメンタリー映画です。

1990年に初めて公開され、2010年にも20年ぶりに劇場公開されていたようです。

私は劇場公開されていたことも、この映画の存在もずっと知らなくて、つい最近初めて観たのですが、25年近く前の映画なのに、まったく古さを感じることはなく、とても面白くて驚きました。

ドキュメンタリー映画はいい映画も多いけど、正直、やや退屈なことが多かったりもします。が、この映画は退屈するどころか、時間がとても短く感じられます。

映し出される与那国島の自然や風習や文化はとても興味深く、主人公や島の人々の日々の生活や姿勢に考えさせられ、ドキュメンタリーなのにフィクション以上のドラマが展開されます。

厳しさの中で貫かれる自然でシンプルな主人公の生き様に魅了されました。おじぃ、超かっこいいです!

与那国島に行って聞いたのですが、映画完成後、東京公開を1ヶ月後に控えた1990年7月末、糸数さんはいつものようにサバニで漁に出て、カジキと思われる大魚に引きずり込まれ、海で還らぬ人となったそうです。

製作:シグロ(98分)
監督:ジャン・ユンカーマン
企画・製作:山上徹二郎
演出:ジャン・ユンカーマン
撮影:清水良雄
録音:本間喜美雄/滝澤修
編集:市原啓子
音楽:小室等
演奏:坂田明/佐藤允彦/竹田裕美子/石川鷹彦/他
スチール:本橋成一
出演:糸数繁

 

このセレクターの選んだアイテム

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

2015.04.09

[DVD] 老人と海

2014.09.16

日本の島ガイド『SHIMADAS(シマダス)』

2014.08.08

最新アイテム

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

2015/04/09

[DVD] 老人と海

2014/09/16

西表島自然誌 幻のオオヤマネコを求めて

2014/08/09

more
人気アイテム

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

2015/04/09

[DVD] 老人と海

2014/09/16

西表島自然誌 幻のオオヤマネコを求めて

2014/08/09

more